和の生活マガジン「花saku」弥生号 2017.3 Vol.258(バックナンバー)

¥ 540

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は3点までのご注文とさせていただきます。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうメール(1冊)

    全国一律 108円

弥生号 2017.3 Vol.258

表紙『花saku』若草色(わかくさいろ)色
春先に芽吹いた若い草のような、生命力を感じる鮮やかな黄緑のこと。
平安時代の歌物語「伊勢物語」では、みずみずしい若草を若い女性に例えています。


目次

2 扇子作家 吉本忠則の一握りの思ひ

4 たんすコンシェルジュ もったいないの玉手箱○24 草履の悲劇

5 茶人のこころ○24  梨花一枝春/有吉守聖

6 歌舞伎の彩○36  蘭蝶好み 妹背山婦女庭訓 吉野川/和粋伝承人 島田ちか子

7 お箸の先に 和の調べ○48 桜海老と春キャベツのコロッケ/日本料理「ほうおう」

8 特集  愛され続ける締め心地  博多織の魅力

24 草履でさんぽ/第249回 和のライフワークを通して見る世界 ゆかりの広島城でのんびりさんぽ

26 きものの髪型「私のヘアスタイル教えます!」  ネックレスが髪飾りに大変身 サプライズ夜会巻き

28 教えて安田先生 きもの塾/第106回 きちんと速く! きものの着付け(きもの編)

30 出逢えてよかった きものとわたし/第154回 林家たい平師匠夫人 田鹿千華さん

32 街で見かけたきもの美人

34 達人が伝授 今日からはじめる和の手芸12/袱紗(ふくさ)

35 インフォメーション   織屋にしむら「なりきり! 官兵衛てぬぐい」ほか

36 おしゃべり倶楽部

37 愛読者ハガキ・読者プレゼント・バックナンバー

39 次号『花saku』ご案内



※4冊以上お求めの方はお電話、またはメールにてお問い合わせください。
TEL:03-3639-1256 メール:hanasaku@pr-g.co.jp

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する